ソリューション

EAS at Source

ソースタギングは、製造・流通段階で商品管理ラベルを商品に取り付けることにより、コストのかかる店頭でのタグ付け作業の手間を削減します。
店舗に納品された商品は、すでに商品管理ラベルが貼付されているため、すぐに陳列することができます。

チェックポイントでは、タグ付けする商品の種類やサイズに関わらず、常時、数量やブランディングの管理が可能な「チェックネット」を通じて、幅広いリューションを提供しています。
最大の特徴は、アパレル商品のデザイン場所、製造場所、出荷拠点など、最寄りのチェックポイントからタグをご提供できる点です。
このように、チェックポイントの包括的なソースタギング・ソリューションは、ロス対策のエキスパートとして、豊富な経験とアパレル・ラベリングに関するノウハウの集大成として開発されています。

特長
  • 多様なタグラインアップ
  • 商品パッケージの内側に貼付できる
  • 商品の製造・流通段階で貼付
  • デュアルテクノロジ(EASとRFID)搭載タグを活用可能
  • ビジネスプロセスの中に組み込み可能なプログラム
  • リアルタイムでのEDI(電子データ交換)管理が可能
  • 包括的で、豊富な製品ポートフォリオをご用意
  • 常に納期通りに提供