ニュース/イベント

小売業で最もロスが高い時期は「ホリデー・シーズン」

November 1, 2016

年間で最も高い売上高である一方、ロスもピークに

j_holidayreport2

調査レポート「2016年 ホリデー・シーズン 世界の小売業におけるロスの見通し」発行

流通小売業向けマーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューションにおける世界的なサプライヤーであるチェックポイントシステムズの日本法人、株式会社チェックポイントシステムジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:金村真一)は、本日、「Retail Holiday Season Global Forecast(邦題:2016年ホリデー・シーズン 世界の小売業におけるロスの見通し)」日本語版を発表しました。

当調査レポートは、チェックポイント社の出資のもと、小売業ロス対策アナリストであるアーニー・デイル(Ernie Deyle)氏が実施しており、小売企業が今年のホリデー・シーズンに直面するビジネス上のリスクについて考察しています。

■ホリデー・シーズンの売上とロス

調査対象全13カ国※の小売業において、第4四半期(10~12月)のホリデー・シーズンは年間で最も高い売上である一方、ロスについても最も高い割合を占めることが当調査レポートで示されました。

この傾向は日本も同様であり、第4四半期の売上は全四半期中最も高く約28%に相当しますが、ロスについても最も高く、約31%に相当すると推測されています。この要因として次の2つが挙げられています。まず、この時期は高価格帯の商品が増加するため、盗難された点数は同じであっても、金額が高額になるという要因です。次に、店舗の来店者数が増えるため、万引き行為を行う者も増加するためと考えられています。

※北米/米国、ヨーロッパ/ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、イギリス、アジア太平洋地域/オーストラリア、中国、香港、日本

■ホリデー・シーズンの利益(日本)

ホリデー・シーズンの売上高は年間の28%を占めるにもかかわらず、利益は年間の26.6%にとどまっています。この理由はいくつか要因が考えられますが、一因としてロスが高いためだと考えられます。第4四半期はロス構成比率だけでなく、SRA(Sales Reduction Activities:値引きやクーポン、売上キャンセルなど、売上低下につながるPOSでの処理)の構成比率も高いことがレポートで示されています(それぞれ30.7%、29.2%)。また、利益率でみると、他の四半期平均の利益率は24.5%であるのに対し、第4四半期は22.8%であり、約7%も低いことが分かります。

■ホリデー・シーズンに盗難されやすい商品(日本)

カシミア製の冬用衣類、革製品(手袋/財布)、子供向けおもちゃ、正月用食材が挙げられています。

■「小売業に対する犯罪」に要するコスト:1人当たりの負担額(日本)

日本の小売業で発生するロスを国民一人当たりの負担に換算すると、年間約40.54ドル(4,427円※)の負担に相当すると推定されています。四半期別でみると、第4四半期は他4四半期よりも約33%も高く、12.46ドル(1,361円※)です。ロスは小売業にとって大きな負担であり、最終的には、善良な一般消費者にコストとして跳ね返っているといえます。

※換算レートは1ドル=109.2円(2016年5月時点)を使用しています。

■アジア太平洋地域のマーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューションのバイスプレジデント、Mark Gentle(マーク・ジェントル)のコメント

「近年、盗難リスクの高いホリデー・シーズン向けの季節商品が早い時期に店頭に陳列される傾向にあります。これらの売上を最大化しようと値引きが頻繁に行われ、収益性悪化を招く可能性が高まります。実際、SRAの約30%は、この期間に発生していることが示されています。これは企業の収益性を悪化させる原因となり、すでに熾烈な環境下にある小売市場にとってはさらなる負担となります。

また、多くの小売企業、卸売業者、流通業者にとって、在庫商品やその保管スペースにかかる費用は、ビジネス上とても大きな割合を占めています。単純にコスト面から言えば、在庫を削減すればこれらのコストを削減することができます。同時に、売れない商品を抱える、あるいは、品切れが生じることは、売上低下と顧客満足度の低下を招きます。このため、特にオムニチャネル化が進む現代の小売市場においては、在庫のバランスを保つことは収益性向上と企業の成長に欠かせないものとなっています。

この課題に対応するための方法として、物流センター(DC)から店舗のバックヤード、売り場までサプライチェーンにわたり商品を追跡できるRFID技術、また最新のデータ分析ツールや在庫マネジメント戦略の導入が挙げられます。これらの導入により、在庫の可視性は大きく向上し、盗難やその他の要因によるロスの削減も可能になります。そして、最終的には財務業績に良い影響を与えることができます。」

■小売業が収益性を改善するための推奨事項

  • 季節商品の投入が従来よりも早期に開始されるため、これを十分に考慮した財務計画に更新する。また、これら季節商品のモニタリング強化、コスト管理を徹底する。
  • 商品のセキュリティ対策を強化するとともに、商品ロスの削減および店頭在庫の適正化を図る技術を活用する。
  • 季節従業員に適切な研修を実施し、繁忙期に対応できるようにする

 

本調査レポートの入手については、「2016年 ホリデー・シーズン 世界の小売業におけるロスの見通し 調査レポート希望」と明記の上、こちらからお問い合わせください。