ニュース/イベント

フードディスカウントストアを世界展開するDIA社、チェックポイント社のEASソリューションを採用

March 8, 2016

流通小売業向けマーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューションにおける世界的なサプライヤーであるチェックポイントシステムズ社(NYSE:CKP、以下チェックポイント社/日本法人:株式会社チェックポイントシステムジャパン、所在地:東京都港区、代表取締役社長:金村真一)は、フードディスカウントストアを展開するDistribuidora Internacional de Alimentación, S.A.社 (以下、DIA社)が、スペインの2,600店舗でチェックポイント社のEASソリューションを採用することを発表しました。DIA社はヨーロッパ、アジア、南米でも事業を展開しています。

今後DIA社では、既存のAM(音響磁気)方式によるEAS(電子商品管理システム)アンテナから、チェックポイント社のRF(電波)方式のEASアンテナへと順次入替えを実施します。RF方式の採用により、将来的にRFIDへのスムーズな移行が期待できます。また、盗難被害の多い商品のロス対策として、チェックポイント社のアルファソリューション「キーパー」の導入も予定しています。

チェックポイント社のプレジデント兼最高販売責任者であるパー・レヴィン(Per Levin)のコメント:

「商品管理の最適化に向けて、ヨーロッパの大手小売業の一社であり急成長を遂げるDIA社が、当社のRF方式のEASシステムへ切替えて頂いたことを大変光栄に思います。将来的にはRFIDの様々なメリットを享受いただけるよう、共に取り組みができることを楽しみにしています。」